クレジットカード

【JCB EITカード】ポイント2倍!リボ払いで高還元率のカード

JCB EITカード(エイトカード)

  • OkiDokiポイントが2倍貯まるカード
  • リボ払い専用なので注意
  • 繰り上げ返済を上手に使おう

JCB EITカードはこちらから

JCB EITカードは、クレジットカードを使ってポイントを貯めたいけれど、支払い方法に少しクセのあるカードです。

そのクセとは、リボ払い専用であるという点です。いくらポイント2倍をアピールしても、この点をしっかりと注視しておかなくてはならないですね。

そして、このリボ払いとは、上手に付き合う方法がありますので、それも簡単に見ていきます。

その点さえクリアできれば、ポイントは通常の2倍のスピードで貯まっていきますので、OkiDokiポイントを楽しく貯めることができます。

1000円で2ポイント、1ポイント3円のバックなので、還元率は約0.6%となります。

年会費永年無料でお得

JCB EITカードは、JCB側が年会費をずっと負担してくれます。よって、JCB EITカードの年会費における自己負担は0円です。

リボ払いのカードは、こちらにもメリットはあるのですが、JCB側にも大きな収益が入ってくるカードなので、年会費は永年無料でサポートしてくれているのです。

気軽に入れますので、ぜひ入会してみてください。そして、OkiDokiポイントが2倍貯まるワクワクを感じてください。

無料カードにしては珍しく海外旅行の傷害保険も付帯していますし、持っているだけでもお得なカードです。

選べる6種類のカードデザイン

JCB EITカードは、エイトカードという名前ながら、選択肢は6つです。ストライプ、ブラック、ステッチの柄模様、そしてチェックとドットとロゴです。

どれも洗練されていてスタイリッシュです。珍しいのはステッチやストライプではないでしょうか。財布の中でも目立つので、使うときにスムーズに取り出せますね。

しかし、実はこのカードデザインですが、デザインによってQuickPayが使えるかどうか、異なってくるのです。

たとえば、ストライプ、ブラック、ステッチはQuickPayが使えますが、チェック、ドット、ロゴは、QuickPayは非搭載です。少し気をつける必要があります。

念の為、ストライプ、ブラック、ステッチのどれかにしておいたほうが安全ではないでしょうか。

機能面で異なってきますが、審査の難易度等は代わりありませんので、QuickPayが搭載されているカードのほうが何かと使い勝手は良いはずです。

審査難易度は甘め。狙い目のカード

JCB EITカードの審査難易度は、カードに入ってほしいという方も多いことから、積極的にカードを発行しています。

つまり、審査難易度はそれほど高くありません。むしろ甘めだといえます。審査が甘いのですが、信用情報というカードの履歴がブラックの人は持てません。

しかし、ホワイトで、データがきれいな人は、持てる可能性がかなり高いカードであることは確かです。審査は甘め。よって狙い目です。

ただし、繰り返しになりますが、リボ払いオンリーのカードなので注意してください。1回払い、2回払いなどは選択できないので注意が必要です。

リボ払いの攻略方法

悪名高いリボ払いですが、上手に付き合っていくコツがあります。

それは、「繰り上げ返済」を上手に使うことです。繰り上げ返済は元本にすべて充当されますので、金利を払わなくて良いのが特徴です。

つまり、毎月の1万円とか15000円とかの支払いをきちんと行っていれば、一気に繰り上げ返済することができるのです。

リボ払いは、一般的に、金利がどんどん上乗せされていくので、使いづらい、完済しづらい返済方式だと理解されています。

しかし、繰り上げ返済を使えば、元本がどんどん減っていきますので、完済に近づきます。リボ払いというものは、通常の返済方式だけを使っていたら絶対に完済になりません。

リボ払いは残額が減ると支払額も減っていくので、なかなか完済に近づかないのです。よって、繰り上げ返済を使って、完済を目指すことが基本的な付き合い方になります。

海外旅行なら各種保険完備。最高2000万円

JCB EITカードの場合、国内旅行には保険がついていないので注意が必要です。

しかし、海外旅行には保険がついてきます。最高2000万円の死亡と後遺障害の保険です。他にも、入院費や治療費などを保険でカバーすることもできるので、かなり使えます。

たとえば、海外にいったとき、申込み時に高いからと言って保険を検討しなかったり、忘れていたり、バタバタしていて空港でも入り忘れたり、ということ、あると思います。

しかし、保険に入っていなければ、イギリスなどの医療費が無料の国でない限り、自己負担は非常に大きくなります。これが海外の怖いところで、病気やケガをしたら、医療費が莫大にかかるケースもあるのです。

具体的には、アメリカで骨折して1000万円請求された、という例もあります。海外にいくなら保険は必須なのです。

そして、このJCB EITカードなら、入院に関しても治療に関しても保険がおりますので、事前の加入は不要となります。

ただし経費節約のため海外だけとなります。国内の場合は、国民皆保険が行き届いている上、限度額も決まっているので自己負担がそれほどないため、特に問題ないかと思われます。

オンライン入会だけのカード

JCB EITカードは、紙や店頭での入会ができません。オンラインからの入会のみになります。

Webの操作方法がいまいちよく分かっていない場合は、申込みができなくなっていますので注意が必要です。

そして、オンライン入会のみなので、店頭での集客を行う必要がなく、経費がそれほどかからないので、ポイント2倍という高還元率を実現できたというわけです。

また同時に、年会費が永年無料となるのも、この経費削減の効果のたまものです。

分割払いは使えない、ボーナス払いもだめなので注意

こちらJCB EITカードは特殊なクレジットカードなので、ショッピング分割払いはできません。リボ払い専用のカードとなります。

1回払いも2回払いも、そしてボーナス払いも使えません。キャッシング機能もついていますが、キャッシングも1回払いは選択できないので、リボ払いで返していく形になります。

繰り上げ返済を使うには、月々の返済を減らす

繰り返しになりますが、上手に使おうと思ったら、繰り上げ返済を利用してください。

繰り上げ返済の詳細は、JCB EITカードに電話をかけて振込口座を聞き、そちらにまとまったお金を振り込むだけです。

そして、コツとしては月々の返済額を少なめにして、手元にお金を余らせるようにしてください。

お金が余るとついつい使ってしまいがちになりますが、そこを我慢して、手元でコツコツ貯めていきます。まとまったお金になると思いますので、それを一気に繰り上げ返済に使います。

これなら、一気に元本がなくなるので、完済に近づきます。たとえば、月2万円ずつリボ払いを支払っているのであれば、設定を変更して月1万円にしてもらいましょう。

完済が遠くなると思いきや、1年貯めると12万円浮きますので、その12万円を繰り上げ返済に使うというわけです。これなら、2万円ずつ支払っていくよりも遥かに早く、完済できます。

リボ払いは中級者向けのカード

リボ払いはこうした知識がないと難しい上級者向けのローンです。ついつい使いすぎてしまって、支払いが困難になってしまうケースが跡を絶ちません。

よって、当記事をよく読んでいただいて、リボ払いとの上手な付き合い方を学ぶ必要があります。繰り上げ返済が上手に使えるようになれば完済はすぐです。

JCB EITカードはこちらから

基本情報

 

申込資格 18歳以上、本人または配偶者に安定した継続的な収入のある方
利用可能枠 10~100万円
審査/発行期間 1~4週間
年会費 本人 初年度 無料
2年目以降 無料
家族カード 初年度 無料
2年目以降 無料
ショッピング 個別設定
キャッシング 個別設定
締め日/支払日 15日締め翌月10日払い
支払方法 リボ払い
金利/手数料 分割払い
リボルビング払い 15~18%
キャッシング
ポイントサービス サービス名称 OkiDokiポイント
有効期限 24ヵ月
ポイント付与 1,000円=2ポイント
ポイントレート 1000ポイント → 5000円相当
還元率の目安
空港ラウンジ 対応状況
プライオリティ・パス
海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害保障 最高2,000万円
傷害治療費用 1事故につき最高100万円
疾病治療費用 1疾病につき最高100万円
賠償責任 1事故につき最高2,000万円
携行品損害 1旅行中20万円限度、保険期間中100万円限度
[自己負担額] 3,000円
救援者費用 最高100万円
家族特約
家族特約の対象
国内旅行傷害保険 付帯条件
死亡・後遺障害保障
入院費用(日額)
通院費用(日額)
手術費用
家族特約
家族特約の対象
ショッピング保険 年間保証額 最高100万円
[自己負担額] 1事故につき海外10,000円、国内3,000円
補償期間 購入日より90日間
補償対象 カードで購入した商品

JCB EITカードはこちらから