クレジットカード

【JCBゴールド】年会費1万円でラウンジ利用と旅行保険補償!

JCBゴールド

  • 10800円の年会費。オンライン入会なら初年度無料
  • 傷害保険最高1億円
  • 遅延補償ありで、飛行機が遅れたら一泊2万円まで補償

JCBゴールドはこちらから

JCBゴールドは、JCBブランドのカードです。どこかの会社がJCBと提携して発行しているわけではなく、JCBそのものが出しているカードです。

よって、余計なオプションやサービスがついておらず、シンプルに活躍してくれる1枚となっています。

なかでもJCBゴールドは、その名の通りゴールドカード。

10800円の年会費で、空港ラウンジや海外国内の傷害保険1億円補償、そして飛行機が遅延しときのための補償がついています。これは珍しいタイプのゴールドカードです。

年会費10000円+税、標準的な年会費のゴールドカード

JCBゴールドは、その名の通りゴールドカードです。

ゴールドカードであるがゆえに、年会費が多少なりともかかります。その金額は10800円。消費税込みで1万円+税となっています。

ゴールドカードの年会費は、1万円が相場なので、標準的な年会費だといえます。

しかし今回記載するように、サービスは網羅的なもので、ゴールドカードならではのクオリティを保っているといってもいいのではないでしょうか。

各種サービスも充実していて、保険もしっかり。さらにもうワンランク上の、「JCBゴールド ザ・プレミア」にも招待してくれます。

初年度年会費無料で、11,000円分のプレゼントバックサービス

このJCBゴールドは、嬉しいことに初年度年会費が無料となっています。一時的なサービスではなく、初年度はだいたい無料のようです。

これなら、気軽に申し込んでみて、生活にJCBゴールドがマッチしているか確認してから、本格的に年会費を払って使うことができますね。

そして、新規入会はプレゼントが待っています。入会するだけで2000円分のJCBギフト券。そして家族カードも入会すれば、さらにもう2000円分のギフト券。

そしてお友達を紹介すれば今度は5000円分のギフト券。その後、支払い名人に登録すれば2000円キャッシュバック。いろいろついてきます。

シンプルでスタイリッシュなオリジナルデザイン

JCBオリジナルシリーズで、シンプルでスタイリッシュなゴールドの盤面と、シルバーの盤面から選ぶことができます。何も書いていない盤面が一色で塗られてるタイプです。

そして、カードナンバーや持ち主であるあなたの名前が刻まれているタイプとなります。

ディズニーデザインも選ぶことができますが、飽きが来ないこのスタイリッシュなタイプが良いのではないでしょうか。

大人の一枚として、また、財布の中でも目立つので、すぐに取り出しやすいという特徴があります。

シンプルでスタイリッシュなのに、どこかエレガント。ギラギラしたカードのデザインに飽きた人にはおすすめの1枚です。

審査基準はやや厳し目。安定収入がないと加入できない

JCBゴールドの審査基準はやや厳し目となっています。

条件としてはまず20歳以上。20歳以上でもいちおうゴールドカードに申し込むことはできるのです。しかし審査に通るとは限りません。

JCBゴールドは安定収入かつ継続的な収入がある人でないと、審査には通らなくなっています。

クレジットカードなので、今はやりのフリーランスや起業家などは、決算書を数期分持ち込まないと、審査に通らないことがままあります。

やはりJCBゴールドの側も、長く使ってもらうためには、安定かつ継続的な収入があることが欠かせないのではないでしょうか。

そして、20歳以上といっても、学生は申し込めません。社会人だけのカードとなります。

旅行傷害保険はなんと最高1億円

ゴールドカードは、旅する人・出張が多い人にも最高のクレジットカードです。

海外と国内の傷害保険が付帯してきます。その額は死亡と後遺症で最高1億円となっていますので、旅に出かける際の安心感が違いますね。

ただし、国内の場合は5000万円となっています。

海外に行く時、保険をかけるのを忘れてしまうことがあります。出発前は何かとバタバタしていますし、空港も混雑していてつい忘れてしまうというケースです。

そして、アメリカでは非常に医療費が高くなっており、骨折で1000万円が請求されることもあるのです。

そんなとき、医療費破産を防ぐためには、保険の存在が欠かせないのです。医療費の保険に入っていれば、万が一のときも経済的なダメージがほとんどなくてすみます。

よって、クレジットカードの無料で入れる最高1億円の傷害保険は非常にありがたいものです。

死亡は死亡で亡くなってしまうので、お金の問題ではありませんが、後遺障害を抱えるようになったら、生活していくのも大変になるので、1億円の補償が受けられるのは心強い味方です。

そして、死亡後遺障害だけでなく、疾病や入院のサポートもバッチリです。よって、ケガや病気などを海外でしてしまった場合には、我慢せずに病院にいってください。

遅延保険があるので、飛行機の遅れにも対応

国内・海外航空機遅延保険、というものも入っています。よって、乗り継ぎが遅れたときにホテルに泊まることになったら、2万円を限度に保険がでます。

さらに、出発遅延もありますので、保険で食事代が2万円程度まででるのです。

手荷物を紛失されてしまったとき、代わりに衣料品を購入するための資金なども保険でカバーできるので、旅してよった先のトラブルも大丈夫ですね。安心して受けることができます。

OkiDokiポイントは1000円で1ポイント貯まる

JCBゴールドにはポイントプログラムがついてきます。OkiDokiポイントというものがJCBのポイントプログラムの名称で、1000円で1ポイントのバックとなります。

還元率は0.1%にみえますが、現金に交換する場合、1ポイントで3円なので、還元率は正確には0.3%となります。

高いか安いかでいうと、安くなります。あまり高いとはいえません。

しかし1ポイント単位で交換できますので、ポイントをロスしたり、足りないので交換できず死蔵したり、ということが発生しないので気軽に交換することができます。

1ポイント3円ということを覚えておきましょう。

プレミアムカードになればカードデスクも

JCBゴールドにはさらに上のランクがあります。

JCBザ・クラスプラチナゴールドザ・プレミアゴールドネクサスなどの名称で呼ばれています。加入はそれぞれ実績がなければ入れず、高い社会的信用も必要です。

しかしそうしたプレミアカードを持つようになれば、空港ラウンジの他、ゴールド会員専用のデスクとか、親切丁寧なサポートサービスがついてきます。

そのカードを持てるような人たちはかなり多忙であることが考えられますので、忙しい毎日に最適のサポートをしてくれます。

ワンランク上のカードは招待が必要

実はこのJCBゴールドは、ワンランク上のカードへの招待を兼ねています。

JCBゴールドをたくさん使っていただき、利用実績を積み重ね、一度も延滞することなく支払いを続けていると、ワンランク上のカードに招待されます。

すると、ステータス感も違いますし、受けられるサービスもより丁寧で親切なものになります。年会費は多少かかりますが、それでも加入しておいて損はないカードです。

JCBザ・クラスになると、あのディズニーランドの秘密のカフェであるCLUB33に招待されることもありますので、ディズニーファンでステータスの高いカードを希望してる方に特におすすめの1枚となっています。

JCBゴールドはこちらから

基本情報

 

申込資格 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方(学生の方を除く)
利用可能枠 個別設定
審査/発行期間 最短翌日届け
年会費 本人 初年度 無料
2年目以降 10,000円+税
家族カード 初年度 1人目:無料、2人目~:1,000円+税
2年目以降 1,000円+税
ショッピング 個別設定
キャッシング 個別設定
締め日/支払日 15日締め翌月10日払い
支払方法 1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ショッピングスキップ払い
金利/手数料 分割払い 7.92~18%
リボルビング払い 15~18%
キャッシング 15~18%
ポイントサービス サービス名称 OkiDokiポイント
有効期限 24ヵ月
ポイント付与 1,000円=1ポイント
ポイントレート 1000ポイント → 5000円相当
還元率の目安 0.3%~1.25%
空港ラウンジ 対応状況 国内の主要空港内、およびハワイ ホノルルの国際空港内の空港
プライオリティ・パス
海外旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害保障 最高1億円
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 1旅行中50万円限度 1年間で最高100万円
[自己負担額] 3,000円
救援者費用 最高400万円
家族特約
家族特約の対象 生計を同一にする家族で満19歳未満の方
国内旅行傷害保険 付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害保障 最高5,000万円
入院費用(日額) 最高5,000円
通院費用(日額) 最高2,000円
手術費用 最高20万円
家族特約
家族特約の対象 生計を同一にする家族で満19歳未満の方
ショッピング保険 年間保証額 最高500万円
[自己負担額] 1事故につき3,000円
補償期間 購入日から90日間
補償対象 カードで購入した商品

JCBゴールドはこちらから